そこにはなんの躊躇もない-1-imaginary number

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr1Pin on Pinterest0

 

部屋に鍵を掛けながら
帰ることない予感がしてる

さよなら、さよなら、もうバイバイ
迎えの車はもう来てる

おーーーきな白のボストンバック
あれもこれもが詰まっているよ

さわってみたなら木のスプーン
アイスクリームに付いてきた

 

男がねらっているのは[1]の形をした枝です。

 

そこはいちめん ”白” の世界
”白” い道路に “白” い空

目の前には二階建ての白い家
垣根を越えて入っていくよ

わたしの家ではないのだけれど
そこにはなんの躊躇もない

 

あちらとそちらを隔てる膜は

まるで等しい浸透圧

 

階段を上がれば男の子
にっこりとした
まだちいさな

約束をしていたね
だれかは知らないわたしたち

左の部屋から、右の部屋へ
早く鏡を移さなきゃ

 

男がねらっているのは[1]の形をした枝です。

 

あわせて読みたい