そして忘れてしまうこと-imaginary number-4

Tweet about this on TwitterShare on Facebook2Share on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

そこにあるのは二重の四角
ガードが固くて…入れない

時間は無限ではありません

丸い抜け道を探すこと
そして忘れてしまうこと

いけないよ
思い出そうとしようとしたら

いまいるそこが
絶対地点

時間は無限ではありません

 

あわせて読みたい