あなたの夢には、音が鳴っていますか?

2006hits

 

このコラムにはフロイトやユングなどの心理学は出てきません。正確に書けば、フロイトの精神分析学とユングの分析心理学ですね。深層心理学は興味を惹かれる理論です。あえて、専門用語を使わずに、自分の感覚を軸にして、夢についての散文を語っていきます。

最近、見た夢を思い出してみてください。

昨日、見た夢でもいいです。印象に残っている夢でもかまいません。ただ、誰もいない、何もない、そんな場所にひとりでいた夢は除外します。無音の空間ではサンプルになりませんからね。何か、印象的な夢を思い出しましたか? もしも、誰かがいたのなら、その人と会話をしていませんでしたか? 電車や飛行機などの機械は無音でしたか? さて、ゆっくりと夢の場面を深く深く思い出してみてください。

起きているときには、さまざまな音が聞こえてきます。しかし、すべての音が脳に伝えられるわけではありません。必要と判断される音だけを脳は瞬時に区別しています。すごい機能です。重要な情報だけを取り入れている……これは、ものすごく聞こえの良い表現になります。実際は脳の防衛反応ですね。不必要な情報を無視することでシナプスの処理を軽減しています。

わたしが思い出した夢には、音があるものと、音がないものがありました。ひとつの夢のなかの話です。電車に乗っていました。電車の音は覚えていません。本物の電車は賑やかな音であふれています。雑音だらけです。車内アナウンスもなかったような気がします。2人の知り合いと話していました。内容は覚えています。それが音だったのかも自信がありません。

夢に「音がある」……冷静に考えれば、不思議です。

夢は脳が見せるイメージ(心象風景)に近い印象があります。五感の視覚が中心である映像です。聴覚とは遠い存在であるような気がします。もしかすると、限りなく絵に近い音みたいなものなのかもしれません。「絵に近い音みたいなもの」。映像から、脳が引っ張り出してきた音をあとづけしたアフレコだと、わたしは考えています。

こんな夢も思い出しました。ステージでバンドが演奏をしています。深い谷底にステージがありました。何かのフェスのようです。曲名は分かりません。知らないバンドでした。客席は谷の上にあります。そこで、わたしはステージを見ていました。どんな音だったのか、まったく覚えていません。客席が盛り上がっていたので、バンドは音を鳴らしていたのでしょう。ただ、動き回っているバンドの動画すら頭には残っていません。とても、不可思議な風景に思えてきます。

あなたの夢には、音が鳴っていますか?

もし、リアルタイムで夢のなかの音を聞いたことがある方がいれば、静かに利き手を挙げてください。ぜひ、どんな夢だったのか、話を聞かせて欲しいです。

 

あなたの夢には、時計がありますか?

あなたの夢には、知らない人や場所が出てきますか?

あなたの夢は、モノクロ、それとも、カラー?

あなたは、夢占いを信じていますか?

あなたは、白昼夢を見ていますか?

The following two tabs change content below.

あわせて読みたい