さあ来年、次のステップへ。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr2Pin on Pinterest0

もう結構、いい加減、オッサンのようなオバサンですが、
来年はまたもや挑戦する年!の予定。
音楽プロジェクトを立ち上げてやっていきますよ。

残り少ない人生だと思えば思うほどやる気が出てくるって、
もはや遅すぎなあがきかもしれないけれど、
やり続けて死ねたら本望!なんてものがひとつだけあります。

作曲。
毎日でも作っていたいんです。

若い頃、作詞、作曲、歌手の仕事をしている頃、
様々な音楽関係者と会い、経験を積んでいくうちに、
いつの間にか卑屈な人間になってる頃がありまして。

私の尊敬する音楽の先輩に、

「お前の音楽の話はつまんねえ!そんなに嫌なら音楽やめちまえ!」

と言われたんですよ。

え?…やめていいって選択肢あるの?考えたこともなかった。

おかげで覚醒。超〜ありがたきお言葉になりました。
大人になっていただく先輩方からの叱咤激励は貴重です。

ということで、実際音楽やめてみたんですよね、約10年近くかな。
その間は小説や絵、アクセサリーを創作していました。

7年ほど前の誕生日、5年後歌を復活させようと決意。
予定通り再開、さらに2年が経ち、
さあ次のステップへと向かおうか!と今があります。

去年、一人の女性キーボードプレイヤーに出会ったんだけど、
地元でずっと生活していながら、
二、三ヶ月に一度プレイヤーとなってツアーやって生計を立てている。

一度旅に出れば人気者の彼女はあちこちでプレイヤーとして招かれ、
お客さんを魅了してしまうんだな、かっこいいなぁ。

彼女のライブは見ていて清々しい。その日その日が勝負なんだと感じる。
初めて聴いた時、彼女のオリジナル追悼曲に自然と涙した。
プロ意識の高い人っていうのはこういう人だと思う。

自分の能力に確固たる自信と覚悟、
そして人生を最大限に謳歌することへの意識がすごく高い人。
それが私の尊敬するプロのミュージシャン、アーティストだなぁって再確認してます。

そんな人達を集めて一緒に音楽が沢山やりたくなりました。
彼らの魅力を引き出せる役にもなりつつ、私も創作に携わり、
プロジェクトが進行できたらいいなと思っています。

いや、やっておきたいんです、生きてる間に。
私が認める「この人プロだわ〜、ほんとにアーティストだわ〜」って人たちと一緒に。

何か動き出して、
進む方向がもっと鮮明に見えてきて、
でもまだ何かが足りないと感じたら、
こちらの方でも素晴らしいアーティストさんが沢山いらっしゃるんで、
いつかご協力を仰ぐかもしれません。

あえてコラボできるジャンルとか職業とか、今は特定して考えてません、
一期一会を信じ自分の目標に真剣な者同士なら、
きっと分かり合えると思うので。

その際は、どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:
あ、そこの…そうそう、そこのア〜〜ナタ!ww
私は応援してるから、本当の本当は。
こちとらドS体質だからずっと優しくはしないけど応援はしてるよ。
またなんかやろうぜ〜ww

The following two tabs change content below.
wagamama.008
wagamama.008/Akko Hashimoto/Akko's 作詞/作曲/歌やってます 大人ポップスを尽きるまで描いていきたい! ********** Akko Hashimoto/HP http://akkohashimoto.wixsite.com/akko-hashimoto **********

あわせて読みたい