あなたの夢には、知らない人や場所が出てきますか?

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

sleeping

 

わたしの夢には知らない人は出てきません。多くの人数がいたとしても、まったく面識のない人はいなくて、例えば、芸能人のような有名な方も見たことがないですね。なので、夢がものすごく身近なものに感じます。

知人に真逆の人がいました。知り合いが出てこないそうです。全員、知らない人ばかりの夢。わたしからすると、少し不気味な感じがします。灼熱の砂漠で現地の人に混ざりながら、ひたすらオアシスを目指している夢とか。そんな夢ばかりで、言語すら、日本語ではないことが多いと話していました。

タイトルを繰り返します。

あなたの夢には、知らない人や場所が出てきますか?

場所は知っているところと似たような風景が多いです。似ているけれど、違うんですね、少しだけ。部分的にちぎって、バラバラに貼りつけたような街が出てきます。実際にある道路なのに角を曲がると別の世界が広がっている……それがふつうです。

あと、何度も同じ街が出てきます。「あ、ここ、以前に来たことがある……」。そんな気持ちになります。夢のなかで、別の、もうひとつの世界があるようです。それは小さな頃からでした。

胡蝶の夢という故事が浮かんできます。

起きた瞬間、そこが夢なのか現実なのか分からないなんて、よく経験しています。ほんの一瞬……おそらく、時間にして数秒のことでしょう。それはわたしの夢があまりにも平凡だからかもしれません。

ひとつだけ気になることがあり、それは忘れていたような知り合いが夢に出てきたときです。夢の知らせというやつですね。幸か不幸か、わたしにはそんな未知の能力は皆無です。その知り合いに何かが起こったとかは一度もありません。

夢にも個性が反映されているのでしょうか?個性……少しニュアンスが伝わりにくかったですね……人それぞれが見る夢も違っている、そういう意味合いです。わたしの夢、そして、他人の夢、ひとりずつの世界がある……地球上でどれほどの夢がつくられているのでしょう。

もう一度、タイトルを繰り返します。

あなたの夢には、知らない人や場所が出てきますか?

 

The following two tabs change content below.

あわせて読みたい