6×6(Six times Six)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+1Share on Tumblr0Pin on Pinterest0
 ヤシカフレックスの正方形の薄暗いファインダーには、もう彼女は映らない。
 当たり前の風景を逆像で映すファインダーから顔を離し、からっぽのキャンパスを見渡す。
 熱気を帯びた空気に混じって響いてくる踏切の音が、やたらと耳にまとわりつく。
 昼下がりの西武池袋線江古田駅にほど近い我が母校は、アスファルトの熱気によって陽炎のように揺らいでいた。じわりと汗ばむ午後の日差しを浴びながら、僕は友人を待っていた。
 もっとも、僕達が『友人』でいられるのは、今日で最後かも知れないが……
The following two tabs change content below.
OZZY-ZOW
駄文屋です。 各種駄文を取り揃えております。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 2016年7月より、文章の活動については『都城 樹(としろ たつき)』名義で行って参ります。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// *諸事情あり、「都城 樹」から「戸城 樹」にペンネームを微変更しました。読みは変わらず「としろ たつき」です。
OZZY-ZOW

最新記事 by OZZY-ZOW (全て見る)

あわせて読みたい