“OZZY-ZOWプロジェクト” というプロジェクト。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

現在、僕は自らを『兼業シュフ』或いは、『駄文書き』と称している。

『駄文』という呼称に、自虐の香りを感じる向きも多いと思われるが、本意ではない。

僕のいう『駄文』とは、読者の生活や人生に、目に見えるインパクトを与える類の文章ではないという意味であり、僕の文章を読むことで仕事が効率化したり断捨離が捗ったり、収入が10倍になったり札束風呂に入れたり、身長が伸びたり彼女ができたり、最高のオンナとベッドでドンペリニヨンできたりという変化は起こらない、という意味だ。

ただ、読んで頂いた方々に愉しんで頂くこと、『アホだなぁwww』とわらって頂くことができればと思い、スキル向上を願いつつ、日々駄文を綴り続けている。

『OZZY-ZOWプロジェクト』というハンドルは、読んで字の如くお地蔵さんから頂いた。

『プロジェクト』の部分は、zun氏の『東方プロジェクト』にあやかったものである。

ちなみにオジー・オズボーンのファンではない。

好きだけど、ファンという程オジーを聴いていない。

ウィキなどを参照頂ければわかるが、地蔵菩薩とは、その慈悲により六道の衆生を救う御仏の姿である。

僕は、さすがにそんな大それたことは考えてはいない。

この名を名乗ろうと決めたのは、道端でひっそりと微笑んでいる、あのお地蔵さんのような者になりたい、という憧れだ。

ブレることなく、狼狽えず、怒らず、何者も拒まず、否定せず、そこで微笑んでいる。

そのような者に、僕はなりたいのだ。

その上で、僕が細心の注意を払っていることが

『disらない』

ということだ。

昨今は、snsの普及もあり、何処其処の議員が失言したといっては炎上し、何処其処のマスコミが特定の国を擁護していると言っては某巨大掲示板にスレが乱立する。

僕は聖人君子ではないので、世間の諸々の事象に自分の意見や考えがないわけではないが、少なくともdisることだけはせぬよう気をつけている。

何故なら、disりは何も産まないどころか、disられた本人のみならず、読んだ者へも不快感を残し、トータルマイナスにしかならないからだ。

どうせ拡散するなら、素敵なことを広めたいじゃないか。

OZZY-ZOWプロジェクトのミッションは、『駄文で誰かを愉しませる』ことである。万人受けするタイプの芸風ではないので、『みんなを』とは言わない。

まぁ、恐らく一番愉しんでいるのは自分自身ではないかと思われるが……

The following two tabs change content below.
OZZY-ZOW
駄文屋です。 各種駄文を取り揃えております。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 2016年7月より、文章の活動については『都城 樹(としろ たつき)』名義で行って参ります。 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// *諸事情あり、「都城 樹」から「戸城 樹」にペンネームを微変更しました。読みは変わらず「としろ たつき」です。

あわせて読みたい