善意 【小説】

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

休日の夕刻、ソファでまどろんでいるとドアがノックされた。
居留守を使おうと目を閉じたが、ノックは激しくなるばかりだ。仕方なく起き上がってドアごしに返事をする。
「新聞代の集金です」
そういや月末だった。引き落としにしておけばよかったと思うのはこういう時だ。
財布を持ってきてドアを開ける。と、そこにはいつもの爺さんではなく、背広を着たいかつい男が立っていた。
「担当のひと、代わったんですか」
僕の質問に男は薄笑いを浮かべた。
「俺が新聞屋に見えるか? 嘘だよ。俺は取り立て屋だよ。あんたに貸したものを返しにもらいに来た」
人違いだろう。なんの覚えもない。
「覚えてないとは言わせないぞ。社会人になったばかりの頃、電車で寝過ごすところを起こしてやったろう」
「そんなことしょっちゅうで覚えてないですよ」
「去年のクリスマス、目当ての女の子にうまく話せないで気まずくなっていたところに、隣のテーブルで騒ぎを起こして話題を作ってやったのも俺だ」
「あっ。あれあなたですか。コーヒーひっくり返して僕の靴駄目にしましたよね」
「……そのあと話題に困らなかったろうが。感謝しろ」
「変な空気になってそれきりですよ」
「子供の頃、電車の扉に足を挟まれたことがあったろう。あの時ホーム側から扉をこじ開けて助けてやったのも俺だ」
「それは覚えてますけど、あの時は大勢駆け寄ってきてくれて……って、あんた誰ですか。なんで僕の人生の細かいあら拾ってんですか」
「腐れ縁というやつかな」
「誤魔化さないでください」
気味の悪い奴だ。なぜこうまで僕のことを知っている。
「まさか……」
「まさか?」
「未来の僕とかいうんじゃないでしょうね」
男は大笑いした。
「俺のどこがお前と似てるんだよ。俺は取り立て屋だと言っただろ。善意の回収に来たんだよ」
「え。善意……?」
「お前がこれまでに受け取った善意だよ、生まれてこれまでの」
男はポケットから煙草を取り出すと火をつけた。人の家の玄関で。
「このご時世、善意が不足気味でなあ。お前みたいに溜め込んでる奴から回収してこないと、他の奴らに回す分が足りないんだよ」
「溜め込んでるって?」
「善意はな、世間で回すもんなんだよ。一人でがっつり抱え込まれたら流れが滞って困るんだよ。だから返してもらう」
「馬鹿らしい。そんなものどうやって」
言い終わらないうちに、男はすいっと僕の頭を捕らえ、首を締め上げた。片手でTシャツをたくし上げると、その爪で脇腹を素早くえぐった。
一瞬気が遠くなりかけたが、気が付けば首は自由になっており、腹に痛みもない。男はキャンディボールのような薄緑色の球体を手にしていた。
「よくこんなになるまで溜めたよな。ちょっとこれ広げてくれ」
差し出された物は保冷バッグだった。男はそこに球体を入れた。「回収終わり、と」
男はぷはーと天井に煙を吐いた。僕はまだ足ががくがく震えていた。
「こんなことして、あんたのどこが善意だっていうんだ」
「善意が、いつも格好良くて、いつもよき結果を導くとは限らんだろ?」
男は当然とばかりの口調でそう言うと、咥えていた煙草を吐き捨て、ぐりぐりと踏み消した。「じゃあな」
男は足音軽く去って行った。あとには善意の吸い殻が、床を黒く汚していた。

ショートショート集「ジャパニーズ・ライフ」より)

The following two tabs change content below.
戸田鳥
「あることないこと、ありえないこと、あったかもしれないこと」を短い物語にしています。 AmazonとBCCKSにて電子書籍の公開・販売中(紙本も作ってます)。
戸田鳥

最新記事 by 戸田鳥 (全て見る)

あわせて読みたい