特殊なAVの事。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook4Share on Google+1Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

かつて僕はスカトロビデオの監督をしていた。
この手のDVDを見た事がある人は少ないだろう。

なんと言っても高価だ、数年前だが7千円ほどした、面白半分に買える値段ではない。

実の所、このジャンルのDVDは300本ほどしか売れない。

これは個人的な推測だが、スカトロマニアでこの手のDVDを見たい人は全国に2100人いると想像する。2100人しかいない。

2100人のうち100人は、それなりの金持ちで、出たスカトロDVDは全部買うような人だ。そして、流動的な2000人の一割ほどの200人が、何ヶ月かに一度、DVDを買ってくれる。

これが300本売れる内訳だと想像する。

当たり前だが300本ピッタリ売れる訳ではない、最低でも面白そうだと思わせなければ300本以上は売れない。

しかし、基本は300本なので、300本で赤字が出ないだけの制作費しかかけられない。

1本7000円で300本売れても、たかだか210万円だ。制作費の中には当然、撮影以外の項目も含まれる。
編集して、モザイクをかけ、審査団体で審査してもらい、OKが出たらDVDにするためのオーサリングをして、DVDにプレスする。
300枚売るためには倍の数ぐらいの枚数をプレスする必要がある。
そして、パッケージをデザインしてもらい、印刷にまわす。DVDの盤面印刷も必要だ。
そして、ケースに入れシュリンク(包装)してもらう。これで完成ではあるが、日本全国のお店に回すためには流通に乗せる必要がある。

これだけでもかなりの予算が必要だ。

想像すれば、だいたいわかるだろう、実際の撮影に使える金額が少ない事が、300本売れた所で210万で、必要経費と最低利益を差し引けば150万以下(本当はもっと安く)で作る必要がある。

撮影実費は本当に少ない、当然、モデルの女の子に行くギャラも少ない。

本当の事を言えば制作会社も100万ぐらいは儲けたい、モデルの女の子だって100万ぐらいのギャラが欲しいだろう、しかし、300本売れると仮定して出る利益210万をみんなで食い合っているのが現状だ。

監督はシビアだ、どうすれば300人以上の人に買って貰う事が出来るのか、潜在スカトロ人口2100人(個人的推測)をどうすれば取り込めるのか・・・

少しでも喜んでもらえる物を日々考える・・・

と、いいながら僕はヒット作を作った事がない。

 

※ 騙されてAVに出演させられたニュースが色々と出ていた頃、なんとなく書いてnoteの下書きに入ったままだったもの、AVに出ればお金がイッパイ入ると思ってるならマチガイだ。一部の芸能人、誰もが可愛いという娘だけが大きな金額を手にするが、現実はそんなに甘くない。という事を知って欲しい。

The following two tabs change content below.
zhou ishida

zhou ishida

中国吉林省延吉市に在住、ここで、なにか映像作品を作りたい、とボンヤリ考えてます。
zhou ishida

最新記事 by zhou ishida (全て見る)

あわせて読みたい